現在、看護師の求人を行っております。

MENU

医療法人 みみ・はな・のど せがわクリニック 採用サイト

たいようくん
虹

せがわクリニックについて

ABOUT 私たちは、人と人との「出会い」や「つながり」を大切なものだと捉えて、日々の診療を行っています。

ABOUT

私たちの仕事は、単なる「耳鼻科疾患の治療」や「受診機会の提供」ではありません。

地域に暮らすこどもたちが元気に健やかな笑顔で毎日を過ごせるよう、迅速丁寧な診療を通じて「みみ・はな・のど」の病気や怪我に向き合います。一人ひとりの心に寄り添いながら、不安な気持ちを和らげ、心と身体の安心を取り戻すお手伝いに私たちは取り組んでいるのです。
自動扉が開くと同時に、小さなこどもが目を輝かせキッズルームへトコトコと駆け込んでくる。
それを暖かく迎え入れたコンシェルジュと受付スタッフが、お母さんの不安に耳を傾け相槌を打つ。
「がんばったね」「えらいね」と優しく穏やかな医師の声掛けとともに診察が進み、看護スタッフによる親身なカウンセリングで、モヤモヤした疑問もすっきり解消。安心した様子のお母さんは会計を済ませ、こどもの手を取り笑顔で帰路へ――。
みみ・はな・のど せがわクリニックは、そんな情景の広がる場所であり続けます。

MISSION せがわクリニックのミッション、「世界で一番こどもたちの笑顔があふれるクリニック」を創ろう!

MISSION

昨今、抵抗力のない幼少期から集団保育を受ける機会が多くなり、中耳炎などの耳鼻科疾患で苦しむこどもたちが増えています。

日々の予防はもちろん重要ですが、どれだけ気をつけていても全ての病気や怪我を完全に防ぎきることは難しいもの。万一のとき、症状を和らげ、元気で健やかな笑顔を取り戻すためには、医療機関にかかり適切に対応することが近道となります。
しかし、こどもたち当人にとっては、静かに大人しく待たなければならず、時に苦痛を伴う診察や処置が行われる医療機関に対して、あまり良い印象は持っていないことでしょう。だからこそ、私たちは、こどもたちの明るい未来を実現する一翼を担うため、上記のミッションを掲げ、医療に従事する者としての自覚を持ち、「私たちならでは」の方法で社会に貢献する道を選びました。

STAFF 比較的若いメンバーが多く、経験の幅も様々。未経験で入職したスタッフもたくさんいます。

STAFF

医師・看護師・事務スタッフ一丸となったチームワークは「せがわクリニックらしさ」のひとつ。

医師、看護師、事務スタッフがひとつのチームとしてそれぞれの役割を果たし、一人ひとりがミッションおよびクレドを軸に物事を捉え、考え、行動します。
院長の指示に依存するのではなく、全員がミッションの実現のためにそれぞれの役割を自律的に果たし、ともに働く姿が当クリニックの特徴です。

Credo ~7つの誓い~

  • 1.チームワーク

    ~最高のチームをつくる~

    仲間を尊重し、お互いを大切にします。考え方や方向性を共有することで、チームで医療を行います。

  • 2.愛 情

    ~患者さんへ愛情をもって接する~

    患者さんの安心と笑顔のために、愛情を持ち、親身になって医療を行います。

  • 3.謙虚さ

    ~謙虚さこそ思いやりの源~

    患者さんや仲間の声に謙虚な気持ちで熱心に耳を傾けます。

  • 4.向上心

    ~わたしたちの成長がクリニックの成長へとつながる~

    ひとりひとりが医療人として向上心を持ち続けます。
    耳鼻科疾患について熟知し、患者さんにわかりやすく説明できるように努力します。

  • 5.自由な風土

    ~自由な発想を大切にする~

    ひとりひとりが自由な発想で、楽しんで仕事を行います。
    自分の持てる能力を最大限に発揮できるクリニックを作ります。

  • 6.こだわり

    ~院内の環境へのこだわりがおもてなしの礎~

    患者さんに気持ち良くすごしていただくため、院内環境を整えます。
    院内の清潔感を大切にするだけでなく、医療機関として院内感染の防止に努めます。

  • 7.ふれあい

    ~地域社会の一員として~

    院内イベントや地域の活動への参加を積極的に行い、使命を達成する努力を惜しみません。

おもてなし規格認証
おもてなし規格認証の取り組み

医療法人 みみ・はな・のど せがわクリニックは、サービス品質を見える化するための規格認証制度として誕生した「おもてなし規格認証」に認定登録されています。
2018年度版に続き、2019年度の「サービス向上の取組に意欲的なサービス提供者」として「紅認証(登録番号 030142670000号)」を取得いたしました。

現在、看護師の求人を行っております。